サマーウォーズ - MS-14D  

Home

MS-14D サマーウォーズの記事一覧

ユビキタス社会とひいおばあちゃんの「サマーウォーズ」を観てきました

  • 2009-08-10 (Mon)
  • 本、音楽
  • このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ユビキタス社会とひいおばあちゃんの「サマーウォーズ」を観てきました Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク この記事をクリップ! コメントを見る Yahoo!ブックマークに登録 newsing it!
SW-Wallpaper1-S.jpg
2009夏の映画「サマーウォーズ」を観てきました。時をかける少女が良すぎたので、近作も並々ならぬ期待をしてみました。

期待は裏切らない。安心して鑑賞できる安定感。
そしてなんというか、、
ひぃおばあちゃんに惚れた!
(ナツキ先輩の萌えポイントは冒頭のアルバイトの誘いの時だけだったかな)

どうもおばあちゃんが好きみたいだ(ハウルのときもそうだった)。

作品中のキーワードには愛、家族、繋がり、諦めないことなどがあるけれど、個人的に注目したのは作中のユビキタス社会が自然に描かれていたこと。

作中では当たり前のように家族全員がOZのアカウントとアバターを持っていて、ショッピングも不自由なくでき、ニュースもいち早く知ることができ、行政で納税、選挙もでき、GPSでナビもできるし、血圧を計測して異常値の場合はアラートを出すこともできるし、消防や警察に通報することもできる。

ネットの世界ですべて完結する世の中になり、コミュニケーションの形が変わっても、大切なことは変わらない。人と人との繋がり。これがこの作品の最も伝えたかったことかな、と個人的に解釈した。

ユビキタス社会とは「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」がコンピューターネットワークを初めとしたネットワークにつながることにより、様々なサービスが提供され、人々の生活をより豊かにする社会である。「いつでも、どこでも」とはパソコンによってネットワークにつながるだけでなく、携帯情報端末をはじめ屋外や電車・自動車等、あらゆる時間・場所でネットワークにつながる事であり、「何でも、誰でも」とはパソコン同士だけでなく家電等のあらゆる物を含めて、物と物、人と物、人と人がつながることである。


ナツキ先輩の萌えポイントとOZに関する説明が見られるオープニングは下記から。

「サマーウォーズ」 本編オープニング(5分バージョン)

続きを読む

Home

Page Top